Posted by : nosukemon inflaenza Thursday, September 03, 2015

一方の王者は魔法の絨毯を
使用して糾弾されたが
もう一方の王者は
誇りを捨てなかった


 第9ステージでステージ優勝確定と思われた瞬間
後方からトム・デュムランに急襲され為す術無く差されてしまったフルーミー

それでも、ツールからの連戦にも関わらずここぞというところで
力を発揮出来た為、ダブルツールも夢でなくなってきた矢先・・・
第11ステージ、スタート直後に落車し、石垣に右膝を強打

 彼はおそらく、ほぼ左半身の力だけで走り続けたはずだ
普通だったらリタイアする、こんな過酷な(通称バランステージ)


ステージを最初っから最後まで負いたてホヤホヤの膝の怪我を
かばいながら走り続けるなんて、すさまじい精神力
ゴールした直後の姿は弱り切ってしまっていた


 ロッシュの調子も良くないようで、ニエベ以外猛烈に総合順位を下げてしまった
松葉杖無しでは歩けないほどらしいので、出走するかどうかわからないと
しながらも、まだ「リタイアする」と彼自身宣言していない

 おそらく、出走サインするギリギリまで粘るんじゃなかろうか
ティラロンゴみたいに、走りだしてすぐに耐え切れずに
リタイアする可能性もあるけど・・・
スキャンの結果


クリス・フルーム、右足舟状骨の為リタイア・・・


あれ???膝打ったのではなかったのか??膝は擦っただけか・・・
(確かに動画でも膝を曲げて座っているしな)

本当に無念だろう。しかし、コンタドールもだけど足とか脛とか
骨折してんのによく走るわ・・・王者のプライドなんだろうけど、すごい


 そして、ティンコフサクソにも今年のブエルタはまた牙を向いた



 サガンに続きパウリーニョがモトバイクに接触、本人曰く
膝を削られたという・・・とんでもない出血量でリタイア
どうしてこうも、しょうもないことで選手が怪我(一般人的には大怪我)

を負うことになるのだろう、そこまでして前に出る必要あるのか?
君らがレースしてるわけじゃないだろうに・・・

今年は本当にこんな事ばっかりだ、しかも高確率で勝利できたかもしれない
選手に接触して落車させるという事件がすでに2回も起きている




 テクニカルな下りよりも、サポートバイクやカメラバイクを警戒しなければ
いけないというのは、何か色々間違っているというか崩壊している。
こんなに選手がキレているシーンは近年ではそうないのでは?

 チッポリーニが現役の頃、良くブチ切れてメチャクチャしてる姿を見せていた
みたいだけど、近年激しいキレ姿を見せたのは
ルイコスタvsバレドの喧嘩くらいじゃないだろうか

(それもそんなに最近ではなく、ルイ・コスタがルーキーの頃だけど)


 5年前、ルイ・コスタ23歳・・・そういえば去年、逃げ集団の中で
ブランビッラとロフニーが殴り合いしてレース中に
揃って失格になるという衝撃事件があったけど・・・


 これもブエルタなんですねえ・・・w LLさんが散々「おい、落ち着け、やめろ!」と
制止するも二人はさらにエキサイト
そこそこの登りの最中なんですが全力で殴り合い・・・

LLさんも首を横に振って「だめだこりゃ・・・」という感じでさっさと
皆を引き連れて先に行ってしまう
そういうところをみて、ははあ、LLさんまとめ役なんだなぁ

とか思ったりしたのであった。
ちなみに原因はロフニーが全然引かなかったのでブランビッラがキレたw

 なんだか全然関係な話になっちゃいましたが、選手たちがキレた時は
それくらいは一旦流せよ・・・ということが多かった気がするんですが

今年は見てるこっちも「そりゃあキレるだろ・・・」と思わず納得してしまうような
”事故”が多すぎますねぇ

Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

- Copyright © アウトドア派のフリブログ - Hatsune Miku - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -