Posted by : nosukemon inflaenza Wednesday, June 28, 2017

全国のリアクト大好きマン!

ついにモデルチェンジだ!
今年買ったばっかだぞw

ゆーてね、よくある話ですよ
買い物が下手くそマンなんだから本当に・・・買い時とは。
ぱっと見て分かる通り、後ろ三角が結構シェイプアップされております

ケーブルルーティングもついに諦めてダウンチューブ側へ!

もうちょっと早く諦めて欲しかったと言わざるを得ないw


メリダ曰く

エアロダイナミクスが5%向上

フレーム重量が1250gから1010gに!
(サイズいくつのだよw 多分最大サイズ、52サイズが980gなので)

快適性が10%向上


強烈に軽くなった!?


ちょっと重量に関してだけ、フォーク込みなのか若干謎ですが
現行モデルのフォークが370gなので多分56サイズ以上、
59サイズとかの重さだと思うのだけど・・・

あ、でもシートポスト込みの重さかこれ・・・?

というのもリアクトのシートポストといえば
ゴリゴリの極太エアロシートポストで重たいのですが

なんと、新型はなくしてしまったのかと思いきや
もっとド派手にシートポストをえぐってその部分に
巨大なエラストマー、シリコンゴムを貼っ付けていたのである!

(あ、これは相変わらずズレるんじゃないかヤグラw ヤスリで擦れ!)

これによりもっと大きくシートポストがしなる様になり
快適性アップということです
そしてシートポスト細くなった!


快適性云々は細くなったシートステーは関係ないのかよ!?っていうw

無いことは無いんでしょうが、メリダ的にはこっちを推して
説明したがるという・・・ほんと好きだなS-FLEXシートポスト
まあお陰で重量も軽くなったと。

しかしシートチューブも細くなったなあ


ちなみに各モデル重量は

旗艦モデルの
CF4フレーム1010g、フォーク368g

CF4フレームキットの重量は
(シートポスト、フォーク、小物等全て足した重さ)

現行モデル2046gに対して1645g!軽!!(そんな重かったっけ?w


CF4ディスクブレーキVerフレームが1030g、フォーク398g

CF4フレームキットの重量は
(シートポスト、フォーク、小物等全て足した重さ


ミドルグレードの
CF2フレームが1093g、フォーク403g

CF2ディスクブレーキVerが1150g、フォーク443g


新型はヘッドチューブが短くなる!?


尚、CF2フレームはCF4フレームに対して
リラックスしたジオメトリ・・・要はヘッドチューブが長い
余計なことしやがってチビはCF4買うしかねーじゃねえかww

と思ったがRCUK記事内の以下の数字を見て驚愕

56サイズのCF4フレームのヘッドチューブが159mm(!?!?
CF2フレームのヘッドチューブが177mm・・・

ん、何だ何だ???どういうことだ!?
というのもですな、この画像を見てほしい

これはメリダ台湾サイトの
現行モデルREACTO CF5のジオメトリなのだが・・・

56サイズのヘッドチューブ長は188mmなわけですよ
え!?188mm→157mmってヤバない??
めっちゃ短くなってるじゃん、54サイズの間違いじゃねーの!?

(54サイズは159mm)


というか多分間違いだと思うわ
road.ccだとラージサイズはCF4が172mm
CF2が197mmとある・・・

これこそが恐らく56サイズの話で
現行モデルに対して新型CF4はヘッドチューブが短くなっているわけだ

184mm→172mm

と、12mm縮んでいる、すげえ・・・が流石に
大きいフレームに関しての話で
54サイズだとマイナス2mm、恐らくだけど

52サイズ以下は変わらないんじゃないだろうか
52サイズが1m短くなるのが限界か?

ホント、ジオメトリが気になる・・・


ジオメトリによっちゃあ、今のリアクトを買ったこと
本気で後悔しそうでコワイ、は言い過ぎか
それよりもヤバイのは重量の方。

新型も買っとくか?wwww

まあ新城モデルは、アレはアレでかわいいしな、しゃーない。
ていうか重量気になるんだったらスクル乗っとけ
という話になるし・・・いやでも軽くなっちゃったか・・・


それも劇的に・・・


オールラウンダーを捨てないリアクト


買うにしてもメリダだし安いからいいか
ウェーーーイと言いたいところだが(自転車脳
今回VISONのステム一体型エアロハンドルが付属するわけで
CF4のみ

その分値段が上がるんじゃねえだろうか・・・

そんな突き出しの長さ選べないハンドル要らねえから値段さげろ!
キャニオンのエアロードも下げろ!あとブレーキも要らんから下げろ!
(まあ付いてる割に安すぎだけどねアレ)


さて、エアロが進化したのはハンドルだけではない

新型は現行モデルに対して8ワット、エアロダイナミクスで
勝っているとのことでまあ~微妙な・・・
まあ元があの形だからアレ以上はそう簡単には望めませんわな

メリダとしてもオールラウンドエアロロードという
ポジションは捨てたくないのでしょう
捨てればViASになるわけだけど・・・w


剛性コントロールとか重量のバランスを考えると
あまり思い切った形状の変化をとることは出来ないのでしょう。

フレーム単体での主な改善点はヘッドのベアリングを
1-1/2から1-1/4に小さくしてヘッドチューブを
細くしたことに寄るものだそう

そしてフォーククラウンをヘッドとダウンチューブと
綺麗に一体化させるなど、ヘッド周辺の修正がほとんど

フレームの先端なのもあるし、大きく形状を変えずとも
弄れるのはやはりこの辺りか


一応細くなったシートステーも空力の為と書いてあるが
明らかに軽量化と快適性アップの為にしか思えんw


軽量化しても剛性変わらず!


剛性アップの情報は無し、軽量化しても変わってません!
というある意味潔い・・・いや元からムキムキフレームだし。

ちなみに現在流通してるリアクトの旗艦モデルは
CF5フレームなのだが、新型はCF4フレームになっている

これ、数年前にリアクトがモデルチェンジした際も
元々はCF4フレームだったと思うのだが
2年くらい前からCF5フレーム表記になっていた

CF5はスクルトゥーラ9000でも使われているのだけれど
CFってのはカーボンファイバーの略で
素材のグレードなのも間違いない、この表記だもの。
マテリアル:カーボンファイバー4

うーーむ、これって結局はプロはCF4の
剛性じゃないと足りないみたいなことなのか?
それともプロが使っているフレームは実はほぼ全てCF4で

その重量が1280gだったとか??それは無いか・・・
軽量化するにあたってCF5だと剛性下がっちゃうというか
掛かりが悪くなっちゃうみたいなことなのかな?

うーーん後者が一番それっぽくはある。

言うまでもなく後ろ三角周りとシートポスト細くなってるからねえ


冷静に見て軽くなっちゃったのはずるい!


まあ、一番注目すべきところはえらい軽くなってしまった
ところでしょうか

この軽さは今年CF5リアクトを買った者として
ちょっと凹みますわw

リアクトを見たことある人は誰しもが思った事あるはず

オールラウンドエアロロードっていう割に
やたら後ろ三角のボリュームデカイよね・・・と

そんなにシートポストが巨大である必要あるのか?
シートチューブはそんなに太くなきゃいけないのか?

いやいや、それがあってにエアロロードよ
リアクト様よ・・・とはいえ、重いは重い、登れるけども!
6.8kgにもぜんぜん合わせられるしね

(バイク振った時にシートポスト分ちと重いか?
  ブレーキ下な分トントンか?)



僕としては正直なところ、キャニオンのエアロードくらいまで
後ろ三角がシェイプアップしてしまうのではと
内心ビビっていたのだけど

いやあ、エアロロードとしてギリ美しい範囲でとどめてくれましたね
今までのゴリラマッスルエアロロードから
細マッチョエアロロードという感じです、金子賢的なね・・・

ボディビルじゃなくてフィジーク的な
新型リアクトはそんな感じの印象、どんな目線だw


一応リアクトオーナーとしては無視できんということで
明日も仕事だけど気合で書きました

ジロでニバリも宣伝のため?平坦ステージでせっせと
リアクトを走らせていたことですしね

僕の中であんまりステージでバイクチェンジする
イメージないんだけどなーニバリ・・・w


まあそのせいで負けたわけじゃないとは思うけどさ
それはそうと新城幸也、今年もツール出場決定ですよ

リアクト言えば新城、新型ではどんなオリジナルペイントの
バイクになるんでしょうねえ
また妙にカワイイ感じになるのだろうかw

一応サクラリアクトは本人希望デザインらしいからなあ
まあ石垣のノリに期待しましょうw

Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

- Copyright © アウトドア派のフリブログ - Hatsune Miku - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -