Posted by : nosukemon inflaenza Saturday, May 09, 2015

珍しく試乗会に出向く僕
試乗コース一周半で1.2km
に惹かれて・・・


 ちゃんと前売りチケットを買って、電車で来たのだが
この時点で自分のロードに乗ってくれば良かったと後悔。

 盗難を恐れて電車で来たけど、試乗コースに挟み込まれてるし
受付の真横が駐輪スペースになっているので
そこまで気にすることはなかった。

 結局荷物になるからとシューズもペダルも持ってこなかったし・・・
フラペで戦うしか無い(何と?

 結論から言ってしまうと、朝10時前に着いたが僕は4台しか乗れなかった
ほぼディズニーランド状態であり、ファストパスのごとく試乗予約を入れ
混んでいるならば別のブースへと移動するのがたくさん乗るコツだった。

 並んでいる時に居なかった場合は飛ばされて、次に
希望の試乗車がもどってきた時に再び予約している人全員の名前を
呼んでくれるので、予約をとったらさっさと移動して良いのだ。


MERIDA:REACTO DA LTD


僕は会場に着くと真っ先にMERIDAのブースに向かった
まだ空いているうちにどうしてもREACTOに乗りたかったので・・・

 でもアホなのでフレームのグレード2つあるの忘れてたwwww
CF3とCF4があって、僕は写真奥のCF4のREACTO TEAM-Eも
乗らなきゃ行けなかったのに試乗受付終了してから気がついてしまった

 なのでこのインプレもどきは写真手前のREACTO DA LTDのものです。

 僕は今後お世話になろうと思っているお店で
店員さんとお話した時聞いたのだが、リアクトというフレームは
ただ未来感あるイケメンエアロロードというわけではなく

なかなかピーキーなモンスターマシンであるらしい。

 ならば乗らなければなるまいと、本命に真っ先に飛びついた
にも関わらずフラグシップに乗りそこねたこの愚行、愚脳wwww

 まず話に聞くところ、リアクトは平坦だろうが登りだろうが
尋常ならざる加速性のがある、フレームがバカみたいに硬い・・・らしい。
このセカンドモデルのCF3のリアクトはどうだろうか?

 フレームがバカみたいに硬いwwwwホントバカwwww
そしてBBハイト61mmという半端ない腰高っぷりにより
とんでもなくステアリングがふらふらする!

 まずシッティングで進みだした時点で、かなり不安定だということがわかり
ダンシングしたら、ヒラヒラするとかではなく、ガクンガクンしたw
僕ってこんなに自転車乗るのヘタクソだったっけ?と思うくらいガクガク

 そして岩みたいにフレームが硬い!岩盤踏んづけてるみたいだった
ステアリングはガクガク、異常に硬い剛性
本当にピーキー過ぎてめちゃくちゃ速いんだよねw

 一回乗っただけじゃ全然ダンシングのリズムをつかめないくらいだったけど
それでもとんでもなく速い、文句なしにこの日乗った中でNo1に速かった!
そして一番硬かったw

 セカンドグレードでこれとか、この上はどんだけ硬いんだよと
震えたが、案外フラグシップの方が脚には優しいのかもしれない
だってこれはありえない!!っていうくらいほんと硬かったもの。

 まあTEAM-Eの方は乗りそこねたので真相は謎ですけどね!!
あと踏むとクソ硬い割には乗り心地はそんなに悪くはなかった。


YONEX:CARBONEX


リアクトCF3の激剛性に打ちのめされた僕は癒やしを求めて
YONEXブースへ・・・幸いまだまだ空いていたのですぐに乗れた・・・
(メリダのとこでTEAM-Eが返ってくるのを待てばよかったのに)

 前評判で、とにかく優しいということを聞いていたのでしなやかな癒やしに期待
YONEXはテニスのラケットもしなやかだよなーー軟すぎとかよく言われてたけど
試乗のスタート地点で持ち上げてみたらとんでもなく軽くてびっくりした。

乗り始めてすぐに、やさしいいいいw さっきに比べたらあんまり進まないけど。

 ステアリングも至ってノーマル!踏み心地とってもやさしい
そういう方向に振っているからか、加速力はあんまりないかな。
乗り心地もやさしい、けど飛び抜けてスゴイっていうわけじゃない

 なんかスタンダードすぎてパッとしないかもしれない
しなやかな割には加速する方だと思うけど。

 ちなみにステアリングがノーマルな時点でわかるけど
ジオメトリも別段面白いところはなんもないw
フォークとシートステーがSuper Six Evoのパクリですね

 これでフレームセット42万ってちょっと高いような気がする
脚は残せそうだけど・・・


PINARELLO:DOGMA F8


ドグマF8は絶対のっとけ!!とマサヤン氏に言われて急いで並ぶ
超人気アトラクション状態だったが46.5サイズなら4人待ちなのですぐ乗れる
乗れるということだったので待つ、小さく生まれてよかった・・・w

 とはいえ一人10分前後待つので、40分以上は待つハメになるのだがw
この辺りからちょっと走って戻ってくるだけなのになんでこんなにおっせえんだよ・・・!
とイライラし始める。明らかに5周位してるだろ。

 一周多く回っちゃった!てへぺろなんてレベルではない。
さてスタート地点で持ち上げると・・・かっる!!こいつもくっそ軽いな!

 乗ってみたところどうだったのか。確かにすごい
硬さに角がなく、かといってもっさりすることもなく、しっかり加速する。
というか速い、すごい速い。

 しっかり踏みごたえはあるけど脚に返ってくる反発は少ない

 ステアリングもノーマル、初心者でも乗れちゃうくらい素直
BBハイトが72mmなので当然か、
フルームがやたらコケるのはF8のせいではないと思うぞw

 硬すぎない、加速感、軽快感、3拍子揃ってる
揃っちゃいけなさそうなのにw

 しかもがっつりエアロ形状で・・・すごい(というのは今更か
フレームセットで64万8千円もするのは仕方ないかなと思・・えないがすごいw


GRAPHITE DESIN METEOR HYBRID


 写真を撮り忘れた\(^o^)/ ちなみに写真は全部試乗イベント終了後に
撮ってる、ちゃんと撮影用のラックがあったけど
撮ってる時間もったいないし、待ってる人が多かったから速く回してあげたかった。

 本当になんとなく、フラ~っとグラファイトデザインのブースへ
カーボンバックって久々に見たなあ
とはいえこれはシートステーのみがカーボンで、チェーンステーはアルミ

 なので快適性と剛性を両立だぜ!ということなのだが
アルミ素材がA6061T6なのでA7005とくらべて大分しなやか
しかもF8に乗った直後だったので。

 え、なにこれやらけーーーこれがアルミか!?
と思ってしまった、いや進まない進まない!カーボネックスより進まない
6061アルミさんはこんなにふにゃふにゃだったのか。

 ステアリングが素直そのもの、ガンガン踏みまくっても相当脚にやさしい
全然進まないけどw

 しかし付いているカーボンハンドルやステムがなかなか良い感じ
カーボンだけどかなりガッチリしたハンドルだった。

 あとプロトタイプのカーボンホイールが付いていたんだけど
これがヤバイくらいブレーキ効いて笑ったw
アルミホイールかと思うくらい凄まじいブレーキの効き。

 ブレーキ面だけアルミかなと思って触ってみたけどがっつりカーボンだった
ただちょっとブレーキ面が波打ってる感じはあったかな。

 乗り終わって「癒やされました」なんて感想を言ったら
「あ、あれ?癒やされちゃった??うーん・・・」とか頭抱えられてしまったw
いやいやF8の後ですから。

 フレームセットで13万5000円ならCAAD10といい勝負してると思いますけど!
いやむしろ勝った?言い過ぎ?w


LOOK:795 AEROLIGHT


マサヤン氏が「LOOKのツライチステムのやつ乗ってきてくれ!!」と
どうやら欲しいらしく調査開始。CANYONブースの待ち時間を
利用してLOOKブースへ。

 最初は大盛況らしかったが皆諦めてどっかへ
行ってしまったらしく1時間ん半くらい待って(バカ
795に乗れた・・・いや待ってる間に他を回れと、ほんとヘタクソだったなあ立ち回り。

 多分マサヤン氏が言っていたのは795じゃなくて675LIGHTの方な気がしたが
フラグシップの795と695しか置いていないので仕方がない。

 一体どうやってポジションを出すのだ!でお馴染みのこのステム
しかも理由が空気抵抗とか以前に「かっこいいから」という理由で
採用されているらしい。

 かっこよさ言うならスローピングじゃなくてホリゾンタルにしろよと
ツッコミが止まらないがとりあえずやっと順番が回ってきたので乗る。

 翼断面なダウンチューブにへんなステムでどんな感じかなと
思ったけど、思ったより普通だった。ダンシングすると少しヒラヒラする
BBハイトが65mmしかないからかな?

 でも嫌な感じのヒラヒラじゃないな、すぐコントロールできる感じ
踏んだ感じは全然堅くない、けどカーボネックスよりは全然進む
おもいっきり踏んだ時の爆発力みたいなものにはちょっと欠ける。

 そしてフロントフォークのインテグレーテッドブレーキ、これが
ギャグみたいに効かない、なんだこれは?おもちゃか?というくらい効かないw

 ギャグはステムだけにしとけよ!ママチャリのブレーキといい勝負だぞ
795は色物で695が本命だと思います(超酷いこと言うw

えーーー、超乗りたかったんだけど、まさか2時間半待って乗れないとは
思わないじゃないですかw 正直もうここまで人気でちゃったら
普通に代理店で売ったほうがいいと思うわ。

 ピナレロVSキャニオンって感じで、とんでもない人数待ってやんの
用意してた試乗車の台数がピナレロの方が多かったから、あっちのが
回転率は良かったのかな?

 試乗予約取る際に「一人8分で帰ってくれば余裕で回る”ハズ”なんです!」
ってキャニオンのスタッフさんが言ってた。
一体何周してるんですかね!って僕が言ったら苦笑い飛ばししてましたけどw

 最後の方、一応キャニオンのブースに戻ってきて待ってたけど
途中エアロード二台が軽く行方不明になり(それくらい試乗してる人が帰ってこなかった
スタッフの人たちは笑顔がぎこちなくなり、表情は苦痛に満ちていた。

 「ちょっと帰りが遅いと思うんですけど、何かありましたか?」
とマイルドに詰め寄るも、目が全然笑っていない、いいぞもっと圧をかけろ!

 このような場面を目撃していたので、絶対モメた時があっただろうなと
思ったら、一応公式発表では

 事故ゼロ!クレームゼロ!

 だったらしい・・・うーーーーーーーーーーーん!
TREKのブースとかもそこそこ並んでいる様に見えたけど、どうだったんだろう?
キャノンデールとかSCOTTのブースにも行きたかったなあ・・・

 スゴイ勢いで撤収作業がされる中、最後まで残ってた
パイオニアのペダリングモニターのブースで遊んで終了
ミニタオルもらった、ありがたい。

 「もうすぐ新型の左右バラバラで、シマノ以外のクランクでも使えるの発表します」

 とか言ってたけど次の日発表されててわらた、すぐすぎるでしょw


 いつも偉そうにあれこれ書いている割には
最近のコンポに全然触っていなかったので、今のSTIの握りやすさに
感動した、シマノすげえ!小さすぎて軽く違和感あるくらい、握りやすい。

 カンパも初めて触ったという有り様だったけど、握りやすいけど
シフトアップし辛いにもほどがあるなこれ・・・

 EPSとDi2両方共触れたけど、両方共嫌いな感触だったwww
今の軽くなったシマノのワイヤー式の方が好き
どうもボタンをポチポチ押してシフトチェンジするのが気持ちよくない。

 我が家のクラーロちゃんの5700シフターと6700FDとRDちゃんの
激重シフトと比べると雲底の差。

 なにやら今の105の方が7900ヅラよりも軽いらしい、ほんとすごい
メテオハイブリット乗ってた時インナーからスポーンと変速できてびっくりした。
電動なんかいらんだろこれ!!

 しかし家に返ってくると、なぁーに、うごきゃあ良いんだよ
と相変わらずキモい組み合わせのロードに乗り続けるんだよなあ・・・

 とりあえずリアクトちゃんが化け物なのは確認できて良かった
セカンドグレードでF8よりも激しい加速をするとは思わなんだ
昔のDOGMAがあんな感じだったのかねえ・・・

 リアクトの硬さはターマックSL4に似ているらしいけど
それヤバイやつじゃね?w あ、脚が・・・

ちなみにアルミのリアクト400のインプレ

{ 2 コメント... read them below or Comment }

  1. LOOKの試乗をお願いしたばっかりに、貴重な時間を取ってしまい申し訳ございませんw
    でも、凄く参考になりましたので、買うのは止めますw(金額的な意味しかありませんがw

    ReplyDelete
    Replies
    1. いや僕も乗ってみたかったからいいんよ・・・
      立ち回り方をよく分かっていなかった僕が悪いw

      Delete

- Copyright © アウトドア派のフリブログ - Hatsune Miku - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -