Posted by : nosukemon inflaenza Wednesday, January 20, 2016

新年一発目の楽しみ


 あけましておめでとうございます(遅
いや~結局ダウンアンダーが始まるまで更新サボりまくってしまいましたね
そんな書くこともない・・・こともないんですけど。

 毎年、年が明けてダウンアンダーが始まると
「今年のハンセンさんのバイクはどうくるのか?」でワクワクするわけですが
今年はすぐに偉いことになっているのが分かったw

あろうことかセライタリアの新型TT用サドル、クロノスが付いていますww
これまでもたま~~にマスドロードのレースでADAMOのTT用サドルを
使っている選手を見たことがあるけれど、

ハンセンさんほど大柄な選手が使うとバイク全体の
どうかしている感が半端ないです。しかもシートポストがセットバックがゼロ
身長183cmでこのセッティングは他に類を見ないのではないだろうか・・・

いやハンドル幅しかり、他に類を見ることはやらないんだけどさ、この人はw

ウルトラスーパー前乗りスタイル、とは言えこのセッティングは完全なる
平坦ステージやクリテリウムのみの使用かもしれない
今第二ステージでちょうど彼が逃げているけども、今日は普通のサドルなので

どうやらフライトのキットカーボニオフローっぽい、
クラウチングで下っている時に確認・・・

はんぱねえ角度のステム

う、これはどう見ても140mmはある・・・

パワーメーターを使わないハンセンさん、というか使えないハンセンさん・・・
180mmのクランクにパワーメーターを搭載したモデルが無いからである

この長さのクランクを使いたいあまり、パワーメーターを捨て去るハンセンさん
なんと潔くカッコイイのだろう、まあ使えるなら使いたいだろうけど。

 全然関係ない余談だけど、ロット・ソウダルの機材管理用ソフトウェアを
アダム・ハンセン自ら作成し、チームがそれを使っているのだという・・・
相変わらずプログラマーとしてもチーム内で大活躍している模様w

 元記事に、ヘリウムSLはリアブレーキのワイヤーが外通しなので
メカニックが大感謝していると書いてあるけど
ヘリウムは意地でもリアブレーキワイヤーを中通ししない

だがシフトワイヤーは内蔵だ、まあ最近は電動がメインだけども。
ブレーキタッチは重くなりやすいから英断かもなあ
クライミング用フレームならそんな空力気にしてもしゃーないという判断か

ダウンチューブ分はすこし気にしてるかもしれないけど・・・

 さて、ハンセンさんはTDU第二ステージ逃げ切れるのでしょうか
現在残り25km、タイム差55秒。
鉄人の勝利が早くもシーズン序盤で見れるかもしれません。

Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

- Copyright © アウトドア派のフリブログ - Hatsune Miku - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -