Posted by : nosukemon inflaenza Friday, June 26, 2015

ついに正式発表
うーーん前の
直線的なデザインの
方が好きだったなあ


シンクロスのステム一体型ハンドル

ヘッドセットやスペーサーもエアロ・・・
なんかこのくらいでは驚かなくなってきたな

もちろんケーブルは中通しそのまま全部フレームを通したら
エアロとしてはサイコーなのだが。

この様にフレームに入ります、普通だ。でも見た感じ内部に道は通ってそう

フォイルは乗り心地が超絶ガチムチであることに定評があり
やれケツが無くなるだ膝が笑うだの散々な言われ様?だった為
それを解消すべくコンフォートな乗り心地を目指した

 リアブレーキはエアロといよりも、
シートステーの剛性バランスをとって、乗り心地へ配慮する為とのこと
メリダのリアクトと同じ感じですねえ。

 あ、フロント、リア共にシマノのダイレクトマウントブレーキが付きます。

乗り心地を重視したチューブデザイン


信じるか信じないかはあなた次第です

最初にフォークにフィン付けたのってプロツアーのメーカーだとピナレロだっけ?

 重量は54cmサイズで945g、現状存在するエアロフレームの中では
最軽量?ということらしく、フォークの重量は335g。

例によって、SCOTTのいつものラインナップで行く模様
HMXカーボンフレーム完成車2種、HMFカーボンフレーム完成車3種

 一番下が105コンポ(見た限りクランクは別だが
HMFグレードのホイールは全てシンクロス製とのこと。

 乗り心地は以前よりかなり良くなっており、BBの剛性自体は
旧Foilよりも上がっているとSCOTT側はアピールしている。

 重量と乗り心地が改良されたため以前よりも更に登れる
エアロロードとなった。・・・ってさ!

Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

- Copyright © アウトドア派のフリブログ - Hatsune Miku - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -