Posted by : nosukemon inflaenza Thursday, June 25, 2015

ツール・ド・スイス2勝で
完全復活を印象づけた
サガンのVENGE ViAS


 当たり前だけど、カヴェンディッシュのVENGE ViASとの違いは
フレームサイズとサドルのメーカー、あとボトルくらい・・・w
あ!カヴェンディッシュはクランクがデュラだったかな

 (FSAはチェーン落ちするから嫌だってさ)

とはいえサガンもFSAっていうかvisionのエアロチェーンリングだけどね
FSA傘下なので似たようなもんだとおもうけど。ちょっとマシ?

パワーメーターはSRM、ペダルはLOOK KEOブレード2かな
カヴェンディッシュはペダルシマノだった気がするけど、どうだったかな
ハンドルは一体型じゃないんだね。単なる配線の蓋という気がしないでもないが

うん、やっぱ一体型じゃあないな・・・でもボルトが下にしかついてないから
PROのステムで前はやってたパズルクランプシステムっぽいものなのかな
と見せかけてただの蓋・・・?いやただの蓋ならこんな形にはしない

 多分ハンドル幅とかドロップ形状の選択肢を持たせるとなると
バラバラの方が都合良かったのかな

見てると不安になるヘッドチューブの細さ、怖い、怖いよ
ハンドルの薄さも大概だが。

このフィンの役割を果たしちゃうズルすぎるブレーキよりも
冷静に見るとTTバイクでもないのにド派手にえぐれちゃってるダウンチューブ
のほうがヤバイ、これでスプリントできるフレームなのが恐ろしい・・・

 
ペテル・サガン

 変速はDi2、というかDi2じゃないとまともに組めなそう
メカニックが死にそう。本当にFSA開発のコンポにスイッチするのか怪しい
このまましれっとホイール以外全部シマノにしそう

 最後に2015 ツール・ド・スイス stage3 stage5でのサガンの勇姿2連発で締め





Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

- Copyright © アウトドア派のフリブログ - Hatsune Miku - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -