Posted by : nosukemon inflaenza Monday, March 09, 2015

あと何回2位になるのだろうか
ほんの少し、何かが足りない
ジルベールが見た悪夢に
取り付かれているかのよう

Gallery: 2015 Strade Bianche@By VeloNews.com

グレッグ・ファンアーヴェルマート、あと何回クラシックで2位になるのだろうか何度と無くカンチェラーラに打ち倒され、去年のフランドル、
スプリントでは絶対有利と言われていたのにスプリントでも負け・・・

去年のツールでは座ったまま2位合戦で負けて・・・と
とにかくカンチェラーラにやられまくりのファンアーヴェルマート

今回、ついにカンチェを出しぬき勝てるのかと思いきや
今度はゴールわずか数百メートル手前で、脚が止まった瞬間
一撃で突き放され、ズデネク・シュティバルに負けるという・・・

過去三度のシクロクロス世界チャンピオン、それも2014年は
ロードがっつり走っての勝利、今年は怪我の治療の為出場しなかったが
近年ロードに移ってきた桁外れの選手の一人。


BMCはカンチェを置き去りにすることに成功
ダニエル・オスがひたすらチェックし続け、追いつくこともままならない
もっとも先頭にいるのはバルベルデ、ファンアーヴェルマート、シュティバルなので

いくらカンチェといえども簡単に追いつけるようなメンツではない
しかも的にアシストに張り付かれてほぼ孤軍奮闘に等しい。

唯一、クラシックではカンチェと似たような戦い方のファンマルケが
この三人に最初はついていたのだが登りでペースアップした途端
一気に離されてしまった、カンチェでも同じだったように思える。

なにせバルベルデ+世界屈指のパンチャー二人が登坂で加速したら
ついていけないのも無理ないだろう

しかしファンマルケのすごいところは、そこであきらめず
カンポ広場までの登り、残り1kmの時点ですぐ側まで追い付いてきたこと!
(もっともそこまで追いついても最後の激坂についていけるわけはないのだがw)

カンチェやファンマルケが勝つには残り1kmの段階で圧倒的なタイム差を
つけていないと勝てない、30秒はほしい
過去にカンチェが勝った時もそんな感じだった。

去年サガンがクヴィアトコウスキーにグッパイペーターされた最後の激坂
焦ってフルパワーで突っ込んではいけない
すぐに脚がいっぱいになるほどのとんでもない坂(しかも石畳

バルベルデはグランツールで戦えるくらいのクラシックスペシャリストだから
登りには絶対的に自信があるだろうがちょいと距離が短い

バ師匠を突き放すためにファンアーヴェルマートが激坂の入り口から
フルパワーでアタック、バルベルデは猛烈なスピードに置いて行かれ

シュティバルだけがついていけた、
パンチャーとパンチのあるクライマーの脚の違いといったところか。

ファンアーヴェルマートの悪い癖というか、そうしないと勝てないのかは
にわかな自分にはちょっと分からないが
この男、とにかくレース中盤からやたら強烈なアタックを繰り出すところがある

レース終盤になってもアタックしたりして先行するのだが
ほぼ例外なく捕まる、毎度毎度どう見ても軽く牽制するという感じでもなく
結構な力を使って長いこと飛び出す。

そのツケが毎度毎度、ゴール前で回ってきてしまうのか
今回も坂を登り切った途端完全に脚が止まってしまい
シュティバルに簡単に離されてしまう。

ああ、今回こそは勝てると思ったのに・・・そりゃないぜ
わかっちゃいるけど止められない、そんなちょっと前のジルベールみたいな
感じになってるファンアーヴェルマート。

これを黄金のタレと呼ばずなんと呼ぶのか
そんな様式美的なタレ方だったかもしれない。道中アタックを連発しなければ
勝てたのではないか?と色んなレースで思ってしまうのだが。

あ、そういえば去年2位のサガンはトップ10にも入れなかった模様
ほんと大丈夫だろうか、ティンコフさんからの圧がはんぱなさそうw
アシスト的にはキャノンデールの頃よりも遥かに上なはずなんだけどなあ・・・

ちなみにシュティバル、去年のエネコ・ツアーで確か残り1ステージを残して
総合1位と連覇がかかっていたのだが、ゴール前で落車に巻き込まれてしまった


吹っ飛んできた選手とフェンスに挟み込まれ、フェンスの脚にホイールが
引っかかりものすごい勢いで前転、顔面を強打

「エネコツアーのアクシデント後、再スタートするのは難しかった。
 そのとき、僕は3本の歯を失い、その隣の2本も割れたんだ。
 キャリアで初めて4カ月間もレースしなかったよ」
全文はこちら@cyclestyle.net

ストラーデ・ビアンケ直前まで歯の治療を行っていて、レース前日に
ようやく完璧な状態に仕上がったんだとか・・・
結構な大怪我、これは食事とかも相当大変だったと思われる

リアルタイムでシュティバルが吹っ飛ぶところを見ていたけど
ほんと、このタイプのフェンスは止めたほうがいいと思う
選手たちも口々に言っているがものすごく危ない

いや綺麗に怪我が直って良かったよほんと、このレベルの怪我は
顔グチャグチャだったと思うもん、例のドッペルギャンガーの事故じゃないけどさ・・・

Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

- Copyright © アウトドア派のフリブログ - Hatsune Miku - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -